[Ubuntu] vmware tools を導入する

環境はUbuntu10.10です。
まずはWeb Access の構成情報の箇所からお決まりのVmware Toolを入れることにします。なるべく最新版のほうが無難ですのでVmware Server付属のモデはなくこちらを使ったほうが良いです。(古いバージョンなどでは include ファイルが見つからないと言われてエラーになってしまいます)

 

上記のサイトに従いISOファイルを入手します。この定義をおこない仮想側でデスクトップを見ると

image

と表示されているのがわかります。はじめに導入直後だとRPM自体が導入されていないのでまずはRPMを導入しましょう。

$ cd /tmp
$ tar xzvz /media/VMware\ Tools/VmwareTools-****.tar.gz
$ cd vmware-tools-distrib
$ sudo ./vmware-install.pl

色々たくさん出てきますが

$ /usr/bin/vmware-user

を実行して再起動してしまいます。

これで、コピーなどが仮想OS側とホストOS側で連携するようになります。これだけでもだいぶ使い勝手がよくなるのでいい感じですね。昔は画面でマウスが外れなかったものですがそれらは標準で外れてくれるので一瞬Vmware-Toolsがいらないかと思ってしまいました。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016