iCloudフォトライブラリは便利なのかどうなのか

Read More

先日我が家のMacbook AirではAirDropが使えずがっかりしていたいのですが「iCloudフォトライブラリ」という機能を発見しました。

これは、iOS8とiCloud間で写真のデータをやりとりする事ができる機能のようです。
iOS側の画像データを小さくするためにiCloud側をメイン(オリジナル)にしても良いようです。私は現時点ではこのサービスがベータ版であることや結局のところiPhotoで管理していることもありiOS側をオリジナルにしています。

ICloud

操作方法について

  1. iPhone側で、「設定」→「写真とカメラ」→「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。
  2. オリジナルをダウンロードにチェックを入れます。
  3. iCloud.com にブラウザでアクセスると「写真(ベータ)」があります。

もうこれがあると非常に便利ですね。全ての画像がアップロードされた段階でiPhone側を消すとどうなるのか次にやってみたいと思います。

いまは、iPhone -> iPhoto for Macbook Air -任意のアルバム-> iPhone という流れで管理しています。全ての画像はMacbook上にありiPhoneには「カメラロール」+「任意のアルバム」という構成で使っています。

  • 「カメラロール」とiCloud.comが同期されるとなると吸い上げた後とかは時間掛かりそうです
    (削除なので早いのかもしれませんが)、
  • この場合オリジナルをiCLoud.comにしている場合には、iPhoneに最適化した画像しかiPhoto for Mac にはロード出来ない事になりますよね?(それとも今後はiPhotoからiCloud.comの画像が見えるのだろうか)
  • iCloud.comのUI上一括ダウンロードが出来ないため実質アップロードしたら最後元にもどうせないような気がします(どこかに設定あれば分かりませんが)

少し気になるところがあるのですが今後が楽しみですね。

(未解決) iPhoneとiPhotoが同期できない

Read More

昨年からこの症状に陥ってどうしても解消できないのでエントリーしておこうと思う。

結論としてはすでにあきらめているのでわたしのiPhoneは常に同期したあとは写真がない状態で過ごしているこの頃。とは言っても同期をしておかないとそれはそれで不安なのですることに成るのだが。

【症状】 iTunesの「写真」の項目が表示されない。

こんな感じにくるくると回っているだけで全然設定画面が表示されません。何回かしてたま〜に表示されたりしたのですが最近はめっきり出ない日々です。

2014 01 02 午前10 38 2

【環境】

iTunesライブラリも、iPhotoライブラリもいずれもNAS上に配置しています。このせいでおかしいのかもしれませんし原因はわかりません。

【解決方法】

わからない (^^;
iPhotoライブラリの再構築とかもしてみたのですがどうにも出来ないままでした。

ご存知のかた教えてください m(_ _)m

[Mac] 国外に移動したらまずは時計を合わせましょう

Read More

国外にすごく久しぶりに来ている @tokida です。

そもそも語学がさっぱりなので行きたいとは思わないのですが仕事で久しぶりに海外にきました。海外が6年ぶり位で、アメリカに来たのは10年以上ぶりです。その間に日本でもものすごくWifiとか広まって便利になったのですがアメリカも同様ですね。

まああまり通信事情とかは関係ないのですがMacの時計がずれていると不便なので合わせようと思いました。

2013 11 11 午前5 08 2

プリファレンスの時刻の設定で変更が出来ます。この辺りもすでに設定されていると気がついたら時刻があっているという感じですよね。位置情報スゲーって思います。今回はGlobal-wifiという所の無線LANルータを利用しているのでこちらから情報がとれているのかなと思います。

それにしても便利ですね。

awscli がエラーになっていたので再導入

先日までは使えたえいたはず?の awscli ですが動かなくなっていたので見てみました。

~$ aws
Traceback (most recent call last):
File "/usr/local/bin/aws", line 15, in <module>
import awscli.clidriver

色々見てみると pip 自体がダメになっている感じでしたのでこの辺りから再導入をしてみました。 pip install awscli 自体では pip がエラーになっていた。

~$ sudo easy_install pip
~$ sudo pip install awscli

というわけで事なきを得ましtがだいぶ遠回りをしました。pipがどうおかしいのかを調べていたりしたんですがこの手のものは再導入してみるのが一番手っ取り早いですね、実際。

awscli のバージョンは 1.2.3 になっています。10/31に出た模様ですね。AWSのサイトにもaws cliの使い方がありますがpythonのサイトにも登録されていました。

CheatSheetのアップデート

Read More

自動アップデートでお気楽だと思っていたらアップデートできなかった

当たり前?のようだけどプロセスが掴んでいるのでアプデート出来ないみたいだ。とりあえずサイトから新しいのをダウンロードしてみた。

http://www.cheatsheetapp.com/CheatSheet/

でも上書きはできないので結局 CheatSheet のプロセスをTerminalからKillしてしまった。こういうのは本来 Mac OS X の作法の場合にはどうするのがいいのだろう?

あとは、「環境」→ 「セキュリティ・プライバシー」→ [アクセシビリティ」から CheatSheet に許可を出すと利用できる。