tmux に再入門した

Read More

とても久しぶりに tmux を使い始めた。 起動するとなにやら設定された状態で起動してきたので確認すると以前に利用したことがありホームディレクトリの下には .tmux.conf が配置されていた。 すっかり忘れていたが。。。

呼び出しのキーが ctrl + q に再定義ていたことすら忘れおり設定ファイルを見て思い出した。幾つかのキーを再定義しているのと、追加した定義も dotfiles として公開しているので実際の設定は以下のリンクを参照してみてください。

https://github.com/tokida/dotfiles/blob/master/.tmux.conf

今回追加した項目は、大きく2つ。1つは、マウスでの選択時の挙動について追加しました。これは画面上で選択した文字をきちんとOS側のクリップボードにコピーする機能、また逆にクリップボードにある内容をTmux側にペーストできる機能の定義です。もう一つは、ステータスバーをカスタマイズしました。

右上にステータスを表示するように設定しています。バッテリーのステータスとGPUの温度についてこちらに表示するようにしています。

スクリプトは上記の2つで行っています。特に変なことはしておらずシンプルなスクリプトで記載してます。(バッテリの表示は昔にどこかのサイトで掲載されていた内容だったと記憶していますが)

tmuxが便利なところは色々るかと思いますが、ターミナル画面で操作しているとちょっと別のファイルを確認したいという場面や何らかの情報を継続的に見ていたい場合などに「さっとパネルを追加して確認」と行ったところが気に入っています。

Linux Desktop を普段使っている?

Linuxをデスクトップとして使っているユーザってどれくらいいるんだろう?

私は1年以上ほぼメインでノートパソコンでLinuxを使っています。2000年前後も数年使っていたけどこの2,3年はほんとに安定しています。根っこの部分は安定して動くことは証明されているわけだから皮の出来だよね。デスクトップ環境は結局GTKとQtは終止符は打たれず、ウィンドウマネージャとデスクトップシェルは様々な系統がでているけどデスクトップのなかではウィジェットやトレイ、通知の仕組みなど結構共通化してきているのか選択肢が広くなっている(細かいことは分かってないけど)気がします。

もともとMacbookを数年使っていたけど壊したり色々あって外で使う用に、当時値段的に安かったのでXiaomiのノートパソコンを買ったのをそのままメインマシンで利用している。その頃の私の環境は、Linuxデスクトップは古くて遅いMacbookに入れたりして致し方なく使っていました。しかし買い直した新しいPCは安価といえどもやはり早いので快適でそのまま利用しています。

なかなかLinux デスクトップを使っているという友人が回りにいないので「俺こんなデスクトップでこんなアプリ使っているぜ」っていうのを色々聞きたい。そんなコミュニティして人が集まるのかな。(RedHatの人は普段から使っているのを知っているが)

使用機器

  • Xiaomi Mi Notebook Air 13 (静脈センサは認識せず、それ以外は動作)
  • Linux Mint 19.3

Macbook 1,1 に rEFInd を導入する

Read More

Ubuntuの導入したときに UEFIブートになっておらず BIOS ブート位なっていたのですがようやく UEFIにすることが出来ました。Macbookは、EFI領域がなくBIOSブートの領域だけでもBootManagerが起動してくれるので問題はないのですが非常に時間がかかります(大体20-30秒前後)

rEFindの導入

今回パーティション構成は次のようになっています。

Disk /dev/sda: 234441648 sectors, 111.8 GiB
Model: CHN 25SATAA3 120
Sector size (logical/physical): 512/512 bytes
Disk identifier (GUID): 5B9C2F29-F02D-4A76-B09A-1E8E1DEAF557
Partition table holds up to 128 entries
Main partition table begins at sector 2 and ends at sector 33
First usable sector is 34, last usable sector is 234441614
Partitions will be aligned on 2048-sector boundaries
Total free space is 2925 sectors (1.4 MiB)

Number  Start (sector)    End (sector)  Size       Code  Name
   1            2048          249855   121.0 MiB   EF00  
   2          249856       234440703   111.7 GiB   8300  

UEFIのソフトウェアは rEFnd を利用します。

  • rEFind をこちらからダウンロード
  • ドネーションウェアになっていますが無料でダウンロードできます。
  • 解凍後 sudo ./refind-install を実施します。

設定の確認

今回の場合には /dev/sda1 に導入したファイルが入っています。これを /boot/efi にマウントし確認することが出来ます。

$ sudo -i
$ mount /dev/sda1 /boot/efi
$ ls -l /boot/efi/EFI/BOOT
合計 640
drwxr-xr-x 2 root root    512 12月  1 23:39 drivers_ia32
drwxr-xr-x 3 root root   6144 12月  1 23:39 icons
drwxr-xr-x 2 root root   1536 12月  1 23:39 keys
-rwxr-xr-x 1 root root    136 12月  1 23:39 BOOT.CSV
-rwxr-xr-x 1 root root 202624 12月  1 23:39 bootaa64.efi
-rwxr-xr-x 1 root root 201600 12月  1 23:39 bootia32.efi
-rwxr-xr-x 1 root root 208776 12月  1 23:39 bootx64.efi
-rwxr-xr-x 1 root root  32029 12月  2 22:32 refind.conf
  • Macbookは、この bootia32.efi を利用して起動してきます。
  • refind.conf が設定ファイルになっています。

  • 標準では上記のような感じで動きます。Macbookの場合には、option を押しながら起動した場合ブートソフトウェアを選択することが出来ます。その後こちらのブートマネージャーを起動することが出来ます。
  • refind.conf に定義している起動設定や自動で検索し発見された設定が表示されます。

grubとの関係性

  • grubは、BIOSブートで起動後にシステムを起動することが出来るブートマネージャーです。
  • Kernelに対して様々な設定を与えて起動することが出来ます。
  • grub-efi という機能は grubxxxxx.efi というEFI経由で起動するブートマネージャーでEFIからgrubの設定ファイルを利用して起動することが出来ます。
  • rEFind経由で grubxxx.efiがない場合でもレガシーブートという項目でBIOSブートを行うことが出来ますのでその際にはdiskにgrubが導入されていれば通常のBIOSブート同様の画面が表示されます。

refind.confの設定

メインで起動させる Ubuntu を追加します。

menuentry Ubuntu {
    icon EFI/BOOT/themes/tux-refind-theme/icons/os_ubuntu_original.png
    volume 0f0adafd-53a4-4915-a5e7-cd0f34493d34
    loader /boot/vmlinuz-4.15.0-39-generic
    initrd /boot/initrd.img-4.15.0-39-generic
    options "ro root=UUID=a16fd3ad-0ea8-4f95-9ccf-74a46189985b text nomodeset"
    #disabled
}
  • Volume は、sudo blkid /dev/sda2 を実施した結果の PARTUUID を指定します。
  • loader, initrd は /boot 以下のファイルを指定します
  • optionでは grubなどで指定している項目同様の指定です。
  • Macbook1,1ではそのまま起動すると残念ながらディスプレイドライバの都合なのか画面が崩れて起動できません。Grubではその設定を回避するために # insmod gfxterm とコメントアウトして対応をしていました。またその際には nomodeset で起動すると解像度が 1024×768しか選択できず思う解像度が出なかったため利用してませんでしたが UEFIブートでは問題なく利用できたのでオプションを ro text nomodeset を追加しています。
  • timeout 1、起動の待ち時間
  • scanfor manual,optical,hdbios,biosexternal、検索対象の絞り込み
  • default_selection “Ubuntu”、ディフォルト起動ディスクの選択
  • include themes/tux-refind-theme/theme.conf、テーマファイルの読み込み
  • legaacyfirst、アイコンの順序

まとめ

起動時間が圧倒的に短縮しました。ブートマネージャーが小奇麗になりさらに起動が早くなり満足です。
実は当初 grub-efiを利用しようと思っていたのですが grubがコンパイルできず諦めました。