Ubuntu on MacBook 2006 への道は険しい

Read More

昨日からなんかすごく初歩的な事で躓き続けている。。

  • Cloudreadyを利用して、Chormebook化してみる。すごく以前に頑張ってブートUSB作成していた。そこそこ動いたので本体に導入
  • 使おうとしてみるも子供用のアカウントがサポート終了で作れず。Google Family Group/Account として作成するもChromebookアカウントは動かず。まだ米国のみっぽい。
  • 用途に合わないのでUbuntuに方向転換。ブートUSB作るもEFI( option + boot ) で選択に出てこず。
  • あっているかきちんと確認してないが32bit版しか使えないとのことでubuntuのバージョンを16.94に変更( 18.04は64bit版のみインストーラーが提供されている)
  • DVDで試してみるも select pertition 出てしまい使えない( 18.04 のイメージだったので 16.04なら出来たのかも)
  • 試行錯誤の末、MacOSをまず再導入した後に eifind を導入しブートローダーをら動かせば ブートUSBから起動できるとこがわかる。一時期どこかのタイミングでは標準のローダーで見えていたのだが見えなくなってしまった
  • 起動したブートUSBは、こちらの手順で作成し 32bitのefi と、16.04 の、isoをimg に変換したものを利用
  • ブートUSBから起動後、インストーラーか grub2の導入でエラー。ブートローダーを/dev/sdaに作成できないと言われる。調べた結果で言えば /dev/sda1 がfat32で/boot/efi にmountしフラグがBoot,efiになっている必要がある。
  • あきらめてインストーラーをkillで強制的に止め、ディスクを思い切ってmacosごと消してパーティションを適切な状態にしたのちにインストーラーを再実行すると導入が進む・・・がやはり書き込めない
  • 再度MacOSを導入、その後 16.04 32bitの iso をDVDに焼き起動してみると起動が出来た。がMacOSを残すという選択肢がでてこない
  • 2回実施してはようやくフルパーティションでUbuntu16.04が導入できた。無線LANや、ハードウェアのボリュームボタンなど動いていることを確認。
  • バージョンを18.04にすべく do-release-upgreade する

古い、遅いは仕方ないけどここのところのHTTPSとか色々あって古いMacOSが使い物にならず、子供の勉強用なのでWindowsには用がない。とはいえ、ペアレンタルコントロールはWindowsが一番いい感じなのはさすが。Ubuntuでも似たようなことが出来るといいけど。

追伸
* 感じ的にはやっぱり少し遅い。もっさり感。それよりも起動があまり早くなくて残念。最近のUIはWindows/MacOSとほぼ差がなく使えそうな感じ

記録 2018/05/13

先週末に大量に食べたBBQの事はなかったものとしてるが先週は横ばい。ひと段落すればまたら下がるかな。少し慣れて来たのでこの辺は気をつけないとまた元に戻りそう。

人参がなかなか伸びて来ない。種から植えた大葉の芽が出たので庭のプランターに移し替えた。

記録 2018/05/07

体重は順調に減ってきてる。しばらく調子の悪かったBodyScale(nokia) が正常に動き始めた。この商品は発売した後にNokiaに買収されてアプリとか色々変わってしまって放置していたけど久しぶり連携できるようになった。

トマトの花が咲き始めた楽しみ。

記録 2018/05/06

GWはバタバタと過ぎる。家にいるとついつい甘いものを摘んでしまう。バランスを良く食べるのは難しい

庭のネギは元気に育ち今日も薬味として活用。ネギは結構伸びてくる。

記録 2018/05/05

Read More

結局のところダイエットはカロリーを削減することに尽きる。ただ運動をしないと筋肉も落ちるという。確かに実際にやって見ると体脂肪率から見ると、脂肪:筋力 とするなら 50:50 位で下がっている。

子供の英検5級に役に立つのかは分からぬが基本的な文法を反復するのには役立ちそう。子供に大幅にポイントで離されつつある。