ファンタジー小説「グイン・サーガ」全巻電子書籍化にあわせて半額セール中!

Read More
77a828d46d6993a6cc545b30e18809b8.png

なんといつの間にかグインサーガが全巻電子書籍化!

本編130巻、外伝22巻、全てが標準価格420円のところを半額でセールしています。ほぼ全てのストアで公開されていますので普段お使いのところから買う事出来るのも素晴らしいですね。

スクリーンショット 2012 12 15 11 30 2

というわけですでに書籍を持っているのですが大分場所をとっているのでそのうち自炊するかと思っていたのですが電子化されたと聞くとポチりたくなるな。

セール中は 12月31日までですがさらに、Kindeの場合には 200円(10円引き)/册、紀伊国屋BookWebの場合にはポイントが20pt/册還元となって何れにしてもものすごくお得です。

全て購入した場合には、紀伊国屋の場合 31,920円で3040pt付き、Amazonの場合には30,400円ですね。それにしても普通に購入すれば倍の値段がする事を考えると非常にお買い得ですね。
Kindleでそろえるか紀伊国屋でそろえるか悩ましいところではあります。何れにしても「まとめ買い」のボタンは無いのか!と言いたい。

それにしても悩むな。保管しておきたいという欲求がある「書籍については」PDFとかで自分ところで保管しておきたいよなあ〜。 ところでどちらかというと、別の人が書いている続きの外伝とかは電子化されていないんですね。

ダース・ヴェイダーもお手上げ!?、ほのぼの絵本『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』

Read More

”公認”の絵本。

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

ダースベーダもルーク(4歳)の子育てには参っている模様です。

シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まず4歳の息子、ルーク・スカイウォーと 遊んでやる必要がある・・・

絵柄も可愛くてなんとも愛らしいファンブックですね。スターウォーズのファンのお父さんはぜひ一冊買って本棚においておきましょうw

色々なシチュエーションがありますが、「あるある」って感じで萌えます。

スターウォーズのストーリー的にはこんなシチュエーションはなかったIFものですがほのぼのですね。内容的にはパロディになっているのでSWを知っている方が楽しめるかと思います。

 

ところで年齢ははっきり公開されていなかったと思うけど18とか20とかの子供だと思うのでパパは24歳くらいなのかな?それはかなりの新米パパだw

 

おとうと、いもうとが産まれる前に読ませてあげたい『あなたって ほんとに しあわせね!』

Read More

ちょっと絵本を買ったときにはレビューをしてみ[email protected]

[email protected][email protected][email protected][email protected]がりなんでなんか不満みたいです(^^;

今月買った絵本は『あなたって ほんとに しあわせね!』。

下の子が産まれる子供に読んであげたい絵本でした。

もう、うちの子は5歳でしたの子も2歳なのでなんか懐かしかったです。

主人公のおね〜ちゃんが下のおとうとが産まれる前から産まれた後のお話。
読んでいくと、そうそう、あったなあと優しい気持ちになれます。下の子供が産まれるときに上の子に読んであげたかった絵本です。

子供が産まれたときに思った事や、産まれてからあった事なんかをふっと思い出してしまいました。
うちの子も「楽しい事」ばかりではないと思うのだけどたまにはおとうとが「いとおしく」なったりしているのかな?

絵本の絵はかわいらしくほのぼのでおすすめです。

ついに最終 [書評] ヒプノスの回廊―グイン・サーガ外伝〈22〉

Read More

書評とか言うわけでもなく、感想文というか、そういう程度の文章。

グイン・サーガといえばもういつから読んでいたのかわからないくらいまえから読んでいたがついに作者の栗本薫氏が無くなってついにほんとに最後の巻となった。下書きとかでもいいから何でも続きが気になったのだがこれで本当に最後と思うと感慨深い。

読み始めたのは高校のあたりですでに結構発刊されていたと思う。過去のは一気に古本屋で購入してそれ以降延々と読んできた。だいぶ本を処分したけどグイン・サーガは持っている。マニアではないので細かく出ている豪華本とかは購入していないのでPANDRA本に含まれているという「ヒプノスの回廊」がこのような形で読めて嬉しい。

ネタバレ的に言えばこれは、正伝の謎をといてくれる一冊。
残念ながら外伝1のように未来の姿を見せてくれるわけではないが今までの謎の一部が此処に書かれている。グイン・サーガファンであればある程度予測できる範囲の話ではあるけど本として読むと嬉しい。

今後誰かが続きを書くことを認めているようですので色々派生したパラレルワールドのグイン・サーガが生まれてくるのではないのかと期待している。栗本氏がもう少し完結までのプロット等が残されていればよかったのでしょうがそれはどうなのでしょうね?

  • サイロンの豹頭将軍』(第30巻)
  • 『カリンクトゥムの扉』
  • 大導師アグリッパ』(第75巻)
  • 豹頭王の誕生』(第70巻)
  • ゴーラの僭王』 (第64巻)
  • 『ランドックを求めて』
  • 『ラゴンの反乱』
  • 『ノスフェラスの彼方』
  • 『豹頭王の花嫁』

(Wikipediaより抜粋)

過去に予告されて太字タイトルが発刊されたタイトル。もう我々には最後の「豹頭王の花嫁」がいかなる形であれハッピーエンドであることを想像するだけです。

iPhone SDK書籍新刊 サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド

Read More

新しくiPhone開発関連の書籍が出ているとの事で早く中を見てみたいですね。

サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド

今回新しく発売されている書籍です。既に既刊の模様ですね。最近本屋に行ってなかったので見ていません。というか前回話題のクックブックに比べて盛り上がりが無かったような・・・ Twitterとかでも補足出来ていなかったです。購入したら内容をレビューしてみたいと思います。InterfaceBuilderについて詳しく書いてあるという事で期待したいのです(個人的にこのGUI部分が結構難しいので)入門書のようにも見えますが目次見る限り結構な内容の気もします。

Continue reading “iPhone SDK書籍新刊 サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド”