セリアのApple Watch スタンドを買ってみた

かねてよりApple Watchスタンドをほしいと思いながらなかなか値段が高いものが多いのと、iPhoneとの共有のスタンドだとすでにiPhoneが無線充電対応になっていて時計代わりに使っているiPhone(6s/7)だと使えないので購入には至ってなかったのだが先日セリアに行ってみると100円でスタンドが合ったので購入してみました。

もっとチープかと思っていたらそこそこの重さがあるので安心しました。

袋出した写真がなかったのですが普通の形ですね。

実際に充電機を接続したとこはこのような感じです。本体側はキツめに出来てるので抜けることはなさそうです。少し横のケーブルはゆるいかもしれません。しばらく使っているとケーブルが堅いと浮きそう(2,3日では外れたりはしていません)

実際に設置したところです。ガタツキもないですし充電が外れることもなさそうです。バンドを締めた状態で取り出せるので充電中もコンパクトですし取り出すときも楽です。

リモートワークが進んですっかり出番を失いつつ有るApple Watchですが常に充電されている事が多くスタンドが欲しかったのですがAmazonなどを見てもそこそこの値段がするので試しづらいですが、この製品は100均で買えますので試してみた買った人にはおすすめです。

Tales of Maj’Eyal for Linuxの導入

Read More

Tales of Maj’Eyal(以下 Tome4 ) は、Steam版も出ていますが無料版も公式サイトにあるのでこちらから入れてみます。Steam版との違いは寄付をしたら使える共有倉庫やいくつかの機能が有効になっている点です。つい先日のバージョンから有志の日本語訳が正式に本体に含まれた模様です(素晴らしい!)

以下のサイトからLinux版のモジュールをダウンロードして解凍します
https://te4.org/download
フル版か音無し版のどちらかですがここではフル版をダウンロードしています。

tar xvzf t-engine4-linux64-1.7.4.tar.bz2
sudo mv t-engine4-linux64-1.7.4 /usr/local/games/t-engine

次にアプリケーションを登録したいのでDesktopEntryを作ります。 ~/.local/share/applications/ 配下に tome4.desktop という名前で以下のファイルを作ります。

[Desktop・Entry]⏎
Name=ToME4⏎
Comment=Tales・of・Maj'Eyal⏎
GenericName=Tales・of・Maj'Eyal・for・Linux⏎
Exec=/usr/local/games/t-engine4/t-engine⏎
Path=/usr/local/games/t-engine4⏎
Icon=tome4⏎
Terminal=false⏎
StartupNotify=false⏎
Type=Application⏎
Categories=Game;⏎ ⏎

標準ではアイコンが含まれていないので以下の画像を /usr/share/pixmaps に保存してください。

これで、Gnomeのメニューや、POP_OSのアプリケーションのリストにToME4のアイコンが表示されて来ていると思います。

起動してみるときちんと日本語で起動できることが確認できました。久しぶりにAngband(Rogue)のゲームを楽しみたいと思います。

フルスクリーンで快適に日本語環境で実行できています

Ubuntu/POP_OS でMacのQuickLookを実現する – Gnome-Sushi

UbuntuのNautlusの拡張でQuickLookと同じような挙動をするプラグインがありましたのでご紹介です。

suto apt install gnome-sushi

テキスト系や画像は問題なくQuicklookできるようになっています、これだけでもだいぶ便利ですね。操作は同じく space barをクリックするだけです

Image
Makefile

対応していれば上記のように色もついた感じで表示されます。Macを使っていてとても便利に感じた機能ですが同じようなことができるのでおすすめです。