Macbook 1,1 に rEFInd を導入する

Read More

Ubuntuの導入したときに UEFIブートになっておらず BIOS ブート位なっていたのですがようやく UEFIにすることが出来ました。Macbookは、EFI領域がなくBIOSブートの領域だけでもBootManagerが起動してくれるので問題はないのですが非常に時間がかかります(大体20-30秒前後)

rEFindの導入

今回パーティション構成は次のようになっています。

Disk /dev/sda: 234441648 sectors, 111.8 GiB
Model: CHN 25SATAA3 120
Sector size (logical/physical): 512/512 bytes
Disk identifier (GUID): 5B9C2F29-F02D-4A76-B09A-1E8E1DEAF557
Partition table holds up to 128 entries
Main partition table begins at sector 2 and ends at sector 33
First usable sector is 34, last usable sector is 234441614
Partitions will be aligned on 2048-sector boundaries
Total free space is 2925 sectors (1.4 MiB)

Number  Start (sector)    End (sector)  Size       Code  Name
   1            2048          249855   121.0 MiB   EF00  
   2          249856       234440703   111.7 GiB   8300  

UEFIのソフトウェアは rEFnd を利用します。

  • rEFind をこちらからダウンロード
  • ドネーションウェアになっていますが無料でダウンロードできます。
  • 解凍後 sudo ./refind-install を実施します。

設定の確認

今回の場合には /dev/sda1 に導入したファイルが入っています。これを /boot/efi にマウントし確認することが出来ます。

$ sudo -i
$ mount /dev/sda1 /boot/efi
$ ls -l /boot/efi/EFI/BOOT
合計 640
drwxr-xr-x 2 root root    512 12月  1 23:39 drivers_ia32
drwxr-xr-x 3 root root   6144 12月  1 23:39 icons
drwxr-xr-x 2 root root   1536 12月  1 23:39 keys
-rwxr-xr-x 1 root root    136 12月  1 23:39 BOOT.CSV
-rwxr-xr-x 1 root root 202624 12月  1 23:39 bootaa64.efi
-rwxr-xr-x 1 root root 201600 12月  1 23:39 bootia32.efi
-rwxr-xr-x 1 root root 208776 12月  1 23:39 bootx64.efi
-rwxr-xr-x 1 root root  32029 12月  2 22:32 refind.conf
  • Macbookは、この bootia32.efi を利用して起動してきます。
  • refind.conf が設定ファイルになっています。

  • 標準では上記のような感じで動きます。Macbookの場合には、option を押しながら起動した場合ブートソフトウェアを選択することが出来ます。その後こちらのブートマネージャーを起動することが出来ます。
  • refind.conf に定義している起動設定や自動で検索し発見された設定が表示されます。

grubとの関係性

  • grubは、BIOSブートで起動後にシステムを起動することが出来るブートマネージャーです。
  • Kernelに対して様々な設定を与えて起動することが出来ます。
  • grub-efi という機能は grubxxxxx.efi というEFI経由で起動するブートマネージャーでEFIからgrubの設定ファイルを利用して起動することが出来ます。
  • rEFind経由で grubxxx.efiがない場合でもレガシーブートという項目でBIOSブートを行うことが出来ますのでその際にはdiskにgrubが導入されていれば通常のBIOSブート同様の画面が表示されます。

refind.confの設定

メインで起動させる Ubuntu を追加します。

menuentry Ubuntu {
    icon EFI/BOOT/themes/tux-refind-theme/icons/os_ubuntu_original.png
    volume 0f0adafd-53a4-4915-a5e7-cd0f34493d34
    loader /boot/vmlinuz-4.15.0-39-generic
    initrd /boot/initrd.img-4.15.0-39-generic
    options "ro root=UUID=a16fd3ad-0ea8-4f95-9ccf-74a46189985b text nomodeset"
    #disabled
}
  • Volume は、sudo blkid /dev/sda2 を実施した結果の PARTUUID を指定します。
  • loader, initrd は /boot 以下のファイルを指定します
  • optionでは grubなどで指定している項目同様の指定です。
  • Macbook1,1ではそのまま起動すると残念ながらディスプレイドライバの都合なのか画面が崩れて起動できません。Grubではその設定を回避するために # insmod gfxterm とコメントアウトして対応をしていました。またその際には nomodeset で起動すると解像度が 1024×768しか選択できず思う解像度が出なかったため利用してませんでしたが UEFIブートでは問題なく利用できたのでオプションを ro text nomodeset を追加しています。
  • timeout 1、起動の待ち時間
  • scanfor manual,optical,hdbios,biosexternal、検索対象の絞り込み
  • default_selection “Ubuntu”、ディフォルト起動ディスクの選択
  • include themes/tux-refind-theme/theme.conf、テーマファイルの読み込み
  • legaacyfirst、アイコンの順序

まとめ

起動時間が圧倒的に短縮しました。ブートマネージャーが小奇麗になりさらに起動が早くなり満足です。
実は当初 grub-efiを利用しようと思っていたのですが grubがコンパイルできず諦めました。

Ubuntu on MacBook 2006 への道は険しい(2)

Read More

Ubuntu on MacBook 2006 への道は険しい

  • Window-Manaerに LXCD フレーバーを選択しています。(sudo apt install -y lubuntu-desktop
  • アイコンは懐かしのBeOSアイコン(一周回ってここに来た感じ)
  • 複数起動しなければ速度的には耐えられるかんじ。
  • SSDにしたら劇的に変わるのかはちょっと謎(試してみて行きもするがもう一度セットアップするのも面倒。同じ容量のSSDは買う気が起きない。)
  • macOSにおけるバックアップと似た感じのものは timeshift というものがあるが実際のリストアまではまだ確認できていない。
  • AWS Workspacesは起動できるようになったので仕事では便利(ただ日本語入力切り替えがキーボードから出来ない)
  • Terminalアプリは Guake というアプリが便利(F12キーで上からスルスルって降りてくる。Ctl+矢印キーでサイズも簡単に変更できて楽ちん)
  • Touchpadの設定は Touchpad Indicator でGUIから簡単に設定
  • Bluetooth経由でマウスも利用可能な事を確認
  • 日本語キー入力がたまに意図しない確定があるが概ね良好
  • オフィスはGoogle Docsを利用しておりローカルアプリは利用してないが全く不便していない。むしろブラウザのみ動けばいいので軽い。
  • 本体が古いのでディスプレイがぼやけている。あと白が飛んでいる感じ

udevのイベントの確認

Read More

相変わらず Macbookのマウスを指したり抜いたりした際のtouchpadの有効無効がうまく行かないケースがある。
設定など見てもおかしいところがなくいつの間にか動いていたりするので原因がわからない。そもそも有効無効には以下のコマンドを利用するのだが単純に打っても有効にならないときがあるのでお手上げ。

udevイベントの発生の確認

❯❯❯ udevadm monitor
monitor will print the received events for:
UDEV - the event which udev sends out after rule processing
KERNEL - the kernel uevent

KERNEL[1430.388672] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23/mouse0 (input)
UDEV  [1430.405002] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23/mouse0 (input)
KERNEL[1430.412388] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23/event5 (input)
UDEV  [1430.415354] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23/event5 (input)
KERNEL[1430.428202] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23 (input)
KERNEL[1430.429470] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/hidraw/hidraw0 (hidraw)
KERNEL[1430.429516] unbind   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D (hid)
KERNEL[1430.429556] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D (hid)
KERNEL[1430.429677] unbind   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0 (usb)
KERNEL[1430.429828] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0 (usb)
UDEV  [1430.432792] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/input/input23 (input)
UDEV  [1430.433463] remove   /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb2/2-1/2-1:1.0/0003:045E:0797.000D/hidraw/hidraw0 (hidraw)

このイベントを拾って自動的にスクリプトを動かすことが出来ます。設定は /etc/udev/rules.d 以下に

❯❯❯ more 01-touchpad.rules
SUBSYSTEM=="input", KERNEL=="mouse[0-9]", ACTION=="add", ENV{DISPLAY}=":0", ENV{XAUTHORITY}="/home/hideaki/.Xauthority", RUN+="/usr/bin/synclient TouchpadOff=
1"
SUBSYSTEM=="input", KERNEL=="mouse[0-9]", ACTION=="remove", ENV{DISPLAY}=":0", ENV{XAUTHORITY}="/home/hideaki/.Xauthority", RUN+="/usr/bin/synclient TouchpadO
ff=0"

これで抜き差しすると /usr/bin/synclient TouchPadOff= というコマンドが実行されることになります。
この結果はsystemdで起動させれている systemd-udevdのログで確認できます。

❯❯❯ systemctl status systemd-udevd
● systemd-udevd.service - udev Kernel Device Manager
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-udevd.service; static; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Fri 2018-10-19 06:52:07 JST; 27min ago
     Docs: man:systemd-udevd.service(8)
           man:udev(7)
 Main PID: 325 (systemd-udevd)
   Status: "Processing with 12 children at max"
    Tasks: 1
   CGroup: /system.slice/systemd-udevd.service
           └─325 /lib/systemd/systemd-udevd

ジャーナルコマンドのログで確認できるので見てみると結構失敗しています。

10月 19 06:54:25 child systemd-udevd[442]: Process '/usr/bin/synclient TouchpadOff=1' failed with exit code 1.
10月 19 06:54:25 child systemd-udevd[439]: Process '/usr/bin/synclient TouchpadOff=1' failed with exit code 1.

が、突然動き始めるのでその現任は不明です。。。

Ubuntu メモリ圧縮 zswap で少ないメモリを何とかする

Read More

いま使っているMacbook2,1は最大搭載量が2Gといういまだとかなり格安ノートでも備えている容量しか持っていません。
実際問題ブラウジングしてすこしプログラム書いてという程度であれば実際十分なのですがそれでもたまに固まります(スワップしている)

❯❯❯ free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:        2028328     1045384      115460      174816      867484      890260
Swap:       2063356           0     2063356

という状況なので zswap を有効にしてみます。

zswap とは、仮想メモリ圧縮(英語版)を実現する Linux カーネルの機能で、スワップされたページを圧縮されたライトバックキャッシュ上に保持する。メモリページ(英語版)がスワップアウトされる際にスワップデバイス上に移動させるのではなく、システム RAM 上に動的に確保されるメモリプール(英語版)内に圧縮して保存する。実スワップデバイスへのライトバックは延期されるか完全に回避されるので、スワップが必要とされる Linux システム上の I/O を大きく低減させることができる。トレードオフとして、圧縮を実行するために CPU サイクルの消費は増加する – https://ja.wikipedia.org/wiki/Zswap

すでに今回のUbuntu18.04(32bit)ではカーネル上は利用可能になっています。

❯❯❯ cat /boot/config-`uname -r` | grep -i zswap
CONFIG_ZSWAP=y

設定としてカーネルモジュールの設定をします。

$ sudo sh -c "echo lz4 >> /etc/initramfs-tools/modules"
$ sudo sh -c "echo lz4_compress >> /etc/initramfs-tools/modules"
$ sudo /usr/sbin/update-initramfs -u

Grubの起動パラメータと、/etc/default/grunbに以下を追記しています。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="text zswap.enabled=1 zswap.compressor=lz4"

これで再起動すれば利用可能になります。

❯❯❯ cat /sys/module/zswap/parameters/enabled
Y
❯❯❯ journalctl -k | grep -i zswap
 6月 21 07:24:10 child kernel: Kernel command line: BOOT_IMAGE=/boot/vmlinuz-4.17.2-041702-generic root=UUID=22564c24-a485-4cc2-9fd8-af65d431da9d ro text zswap.enabled=1 zswap.compressor=lz4
 6月 21 07:24:10 child kernel: zswap: loaded using pool lz4/zbud

入れたからと言って急にメモリが増えるわけでもないし挙動が早くなるわけではないですがメモリ不足で急激に落ちるというようなことはなくなったような気がします。おまじない程度で。

Macbook2,1 の温度が上がりすぎなので掃除した

Read More

明らかに異常なくらいにファンが回る。すぐ回る。起動した直後から回っている気がする。
ということで実際の温度を確認してみました。コマンドは sensors で確認できます。

 applesmc-isa-0300
Adapter: ISA adapter
Exhaust : 6192 RPM (min = 1800 RPM, max = 6200 RPM)
TB0T: +25.0°C
TC0D: +73.5°C
TC0P: +66.0°C
TM0P: +54.5°C
TN0P: +60.0°C
TN1P: +61.5°C
TTF0: +55.8°C
Th0H: +67.8°C
Th0S: +66.0°C
Th1H: +64.2°C

BAT0-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +25.2°C

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0: +72.0°C (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1: +72.0°C (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)

ファンが全力で動いていますね。CPUも結構活発に動くと一気に70度オーバーです。この状態だとちょっと膝の上ではやけど刷るくらいの温度に感じます。ということで分解して清掃してみました。

大体40個くらいビスをとると清掃できます。で、ここまで来てCPUのグリスがないことに気が付きました。新しくグリスを塗り替えたかった。とりあえず綿棒できれいにしてみます。

❯❯❯ sensors
applesmc-isa-0300
Adapter: ISA adapter
Exhaust  :   1798 RPM  (min = 1800 RPM, max = 6200 RPM)
TB0T:         +25.0°C  
TC0D:         +59.0°C  
TC0P:         +54.0°C  
TM0P:         +45.2°C  
TN0P:         +48.5°C  
TN1P:         +49.2°C  
TTF0:         +56.0°C  
Th0H:         +53.0°C  
Th0S:         +52.0°C  
Th1H:         +51.0°C  

BAT0-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +25.2°C  

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +58.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:       +58.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)

で、再起動後の数値がこちら。
CPU動くとファンが回りますが止まらないほどではなくなりました。多少動いても回転が下がるようになりました。やはり掃除は大切ですね。今のMacbookはとてもバラす気になりませんが2006年式 Macbook はまだまだ普通のプラスドライバーで取り外せるしいい時代でしたね。