Tales of Maj’Eyal for Linuxの導入

Read More

Tales of Maj’Eyal(以下 Tome4 ) は、Steam版も出ていますが無料版も公式サイトにあるのでこちらから入れてみます。Steam版との違いは寄付をしたら使える共有倉庫やいくつかの機能が有効になっている点です。つい先日のバージョンから有志の日本語訳が正式に本体に含まれた模様です(素晴らしい!)

以下のサイトからLinux版のモジュールをダウンロードして解凍します
https://te4.org/download
フル版か音無し版のどちらかですがここではフル版をダウンロードしています。

tar xvzf t-engine4-linux64-1.7.4.tar.bz2
sudo mv t-engine4-linux64-1.7.4 /usr/local/games/t-engine

次にアプリケーションを登録したいのでDesktopEntryを作ります。 ~/.local/share/applications/ 配下に tome4.desktop という名前で以下のファイルを作ります。

[Desktop・Entry]⏎
Name=ToME4⏎
Comment=Tales・of・Maj'Eyal⏎
GenericName=Tales・of・Maj'Eyal・for・Linux⏎
Exec=/usr/local/games/t-engine4/t-engine⏎
Path=/usr/local/games/t-engine4⏎
Icon=tome4⏎
Terminal=false⏎
StartupNotify=false⏎
Type=Application⏎
Categories=Game;⏎ ⏎

標準ではアイコンが含まれていないので以下の画像を /usr/share/pixmaps に保存してください。

これで、Gnomeのメニューや、POP_OSのアプリケーションのリストにToME4のアイコンが表示されて来ていると思います。

起動してみるときちんと日本語で起動できることが確認できました。久しぶりにAngband(Rogue)のゲームを楽しみたいと思います。

フルスクリーンで快適に日本語環境で実行できています

Ubuntu/POP_OS でMacのQuickLookを実現する – Gnome-Sushi

UbuntuのNautlusの拡張でQuickLookと同じような挙動をするプラグインがありましたのでご紹介です。

suto apt install gnome-sushi

テキスト系や画像は問題なくQuicklookできるようになっています、これだけでもだいぶ便利ですね。操作は同じく space barをクリックするだけです

Image
Makefile

対応していれば上記のように色もついた感じで表示されます。Macを使っていてとても便利に感じた機能ですが同じようなことができるのでおすすめです。

システムの情報を表示するneofetch

コンソールでシステムの情報を表示させているデモ画像をよく見ます。調べてみるとこれは neofetch というプログラムで動いているようでしたので早速入れてみました。

sudo apt install neofetch

かんたんですね、特に目立った依存関係もなく入ると思います。実際に実行してみると以下のようになります。OS毎に左の画像が変わるので面白いです。

本題とは関係ないのですがPOP_OSに入れ直したので記念にスクショ