軽いバックパック「Brenthaven Collins backpack for MacBook」を購入

Read More
IMG_1150.JPG

最近、ブログが購入メモになってきている気がします @tokida です。

昨年買ったIncaseのバックパックのファスナーが壊れてしまいだましだまし使っていたのですが先日ついに決定的に破損してしまい買い替えとなりました。1年間スーツ+バックパックという様相であまりすっとしてないのですが、バックパックがやっぱり楽ちんですね。居眠りして飛び起きても平気です。

時間がなかったので現物をみれないままにネットで詐害していたのですが最終的には結局AppleStoreで買ってしまいました。正直1万円以上するのは「壊す」可能性も「手に取れない」不安もあるので今回は探していません。

今回購入したのは「Brenthaven Collins backpack for MacBook」という商品でAppleStoreで9700円で購入しました。

IMG_1150.JPG

手持ちにもなります。また手持ちのハンドルは収納できます。

IMG_1152.JPG

IMG_1154.JPG

横にもポケットがあります。一応ペットボトル入ります。

IMG_1153.JPG

IMG_1156.JPG

IMG_1151.JPG

周りはシンプルなグレーですが中は縞模様。カジュアルな感じですね。PCの保護の部分もしっかりしていそうです。

IMG_1155.JPG

自立します。

IMG_1158.JPG

IMG_1159.JPG

数日利用してみて、中の収納ポケットがもう1つか2つ欲しかったなという気がします。Incaceはなかが階層になっていて沢山はいる割に薄いのですがこちは普通にマチがあるのである程度厚みはありますが取り出しやすい気がします。タイトルにもありますがバック自体が非常に軽い+肩紐が幅広なので沢山いれていても背負うとかなり軽く感じます。

AppleStoreで購入した方がお買い得ですがお約束でAmazonへリンク。

SC14の3又USBケーブルのお土産が便利

Read More
IMG_1095.JPG

我が家のケーブル事情をかなり改善してくれました!

まだ初代iPadとiPadminiを使っているため二つの電源コネクタが存在していました。他にもたまに子供がiPhone4Sを使ったり。そうなるとケーブルと電源アダプタが複数あったのですがこのケーブル変換は同時に通電してるため一つで置き換えることが出来てしまいました!

2Aが必要なものがあるとアダプターが2口あっても同時に充電できませんがこれなら1口で充電出来ました。2Ax2口のアダプターを買おうかと思っていたので助かりました。

IMG_1095.JPG

ちなみにこれはSC14という先日アメリカで行われたスーパーコンピュータのconferenceに参加された方からのお土産なのです。

で、こちらは来年のSC15に向けたグッズだそうです。お土産ありがとうございます!

来年の手帳「yPad5」を購入

Read More
IMG_1074.JPG

今年の手帳兼メモ帳としてyPadを買ってみました。

IMG_1074.JPG

来年は、細かくプロジェクトがありそうなのでこのタイプを使ってみようかと思いました。見開きの右側がプロジェクト別のスケジュールが作れるのが良いかなと思いました。

実際にはほとんどのスケジュールはGoogleカレンダーでまかなっているのであまりオフラインでは使わないと思います。打合せとかが多くなると全体のタスクの流れが見えなくなりがちなのでこちらでまかなえればと思っています。

IMG_1075.JPG

「MonoMax」「Goods Press」2013年1月号のおまけの万年筆2本を使ってみた。

Read More

万年筆も以前買おうと思ってちょっと安いのを買って少し触って結局ボールペンに戻ってしまったのですがおまけで買えるならと買ってみました。

というわけで今は二つの雑誌でおまけが付いています。

実際に、万年筆を買おうと思ったら安くても1000円はするので雑誌も読めるのでお買い得かなと思った次第です。何がどう違うのか分からないので素人レポートですがせっかくなので書いておきます。興味を持った人がいれば是非買ってみてください。

最初は「MonoMax 2013年1月号」¥790 です。こちらは Coach とコラボでロゴ入りの万年筆です。モノグラムは今年のデザインの物。意外に重量もあっていい感じの持ち味です。

こんな感じの入れ物に入っています。MonoMaxの方が包装は丁寧な感じです。とはいえただの箱なので使い回しが出来る様な物ではありません。

IMG_5323
IMG_5323 Photo by tokiyan

さて、万年筆はこんな感じです。キャップのところに「COACH」のロゴが入っています。色はブラウンな感じ、写真だとちょっと黒っぽく成っています。重さはそこそこあって長さ的にもいい感じので手の治まりが良いです。ペン先は「太い」感じです(比較が無いので分かりませんが)インクの出が結構よくてすぐに触るとまだ乾いてないインクが手に付く感じです。付属のインクは2本は一定てカートリッジインク(ヨーロピアンタイプ)です。色は紺(青)色の物です。もっと深い青の方が好きな感じです。太めなので細かい場所に書くよりは大きく書けるところが向いていそうです。

IMG_5326
IMG_5326 Photo by tokiyan

次の雑誌は「Goods Press 2013年1月号」¥730です。こちらは昨年も万年筆のおまけがついていたようです。今年のタイプは若干小さめのサイズ。で色はカラフルなライムグリーンでかわいくオシャレな感じの万年筆になっています。

包装は、おまけ!って感じの段ボールです。まあ何れにしても使い回す物ではないです。中身は万年筆とカートリッジ2個で、MonoMaxと同じ物が付きます。なかに説明書が入っておりこちらの方がその意味では丁寧です。付け方や装着方法、メンテナンスの仕方等が一枚物で付いていました。

IMG_5333
IMG_5333 Photo by tokiyan

こんな感じの万年筆です。実際にはもう少し明るいライムグリーンです。光沢感があってちゃ地っぽい感じはしない作りに成っています。ペン先の太さは細字くらいです。こちらも同様にステンレス製のペン先です、若干細字の分こちらのほうが固い感じ。また付属のインクが薄い?感じでなか薄いです(^^; もう少し濃い色の方が良かったので使うなら交換したいと思います。サイズ的はこちらは明記されてたので 全長120mm 系12mm(キャップリング部) 23g です。ペン先は見た感じどちらも同じメーカーの物なのかなという感じに見えますね。

IMG_5334
IMG_5334 Photo by tokiyan

並べてみるとこんな感じです。背景はMacbook air なので参考になれば。COACHのほうが並べて持つと重さも重いですしずっしりしていますがしっかりしている感じとも言えます。実際、毎日使う道具としては「安い」万年筆なのでペン先が開いてしまったり色々壊れてしまいそうなのですが使えるうちは使っていってみようと思います。 結構、紙の資料に目を通したりもするのが仕事であるのであっという間になくなってしまうのかもしれませんね。

IMG_5335
IMG_5335 Photo by tokiyan

書き比べたらこんな感じです。GoodsPressの方はまだほとんど書いていないのでペン先が固くてインクもあまり出ていませんが太さが違うのは見て分かる通りです。インクの色は違うのか出ていないのか定かではないのですがGoodsPressの方が薄いです。

IMG_5337
IMG_5337 Photo by tokiyan

万年筆なんて使うのもたまには良いかもしれませんね。これで本格的に欲しくなったらなにか良い物を探したいです。 とは言っても私はよくものを無くすので万年筆とか高価な文房具はストップがかかるのが常なのすが(^^;

物のよし悪しで言えば、1000円以下の万年筆なんて使い勝手も描き心地も悪い物なのかもしれませんがちょっと興味があったり使ってみたいなと思っている人には手が出しやすいので興味がある人は帰りにコンビニに寄って雑誌買ってみるのも良いと思います。

ちなみに、万年筆のインクは黒だけじゃなくてこのブルーブラックやほかにも赤とかもあるので赤ペンで使いたいって人にも良いんです。

というわけでインクはこちらの物を買う予定、エロい赤が書ける。

個性的な商品が沢山、iPhoneのケースももりだくさんな Esty から

Read More

iphone 4 case , iphone 4s case , case for Iphone 4 Blackberry mobile Case handmade: colorful apple logo
可愛いケースです。これで1500円前後(19.9$)。

これ以外のも沢山の魅力的な商品が沢山あります。

このRainbowの商品も興味がある人は是非探してみてください。

 

iPhoneだけじゃなくて色々な個人で作っている人たちの仮想店舗のサイトです。

Etsy

日本人のクリエーターのかたもいるみたいです。

ホントはここのサイトで昔みていたRainbowのアップルのロゴシールが欲しかったのだけどもう売っていない、残念だ。