サイトのサーバをGCEのE2-Microインスタンスタイプに変更

サイトの費用が気になっていたもの手を付けてなかったのでサーバ(Google Compute Engine)の構成を変えた。

  • これまで Cloudfare ---> Global Load Balancer ---> Instance Group ---> GCE(f1-micro) という構成。
  • 以前、 jpリージョンで動作させていたGCEを無料枠のUSリージョンに移動したりしたときにGLB経由にして移動したときの名残。
  • f1-microでは何ヶ月か前から処理が間に合わなくなり良く停止していたため今回 e2-micro に変更
  • GLBを破棄して直接 Cloudfareから接続をするように変更
  • 最近E2マシンタイプという新しいモデルがでてきたので使ってみたいと思います。 https://googlecloud.4watcher365.dev/google-cloud/e2-vm-machinetypes/
  • 2020/01より外部IPアドレスが利用していても有料化されるので少しでもコストを下げたい

ということで以下のことを実施しました

  • GLBに関するリソースを削除
  • GCEのCPUモデルを e2-micro に変更
  • GCEのネットワーク設定にて外部IPアドレスを固定で新規に追加(既存はエフェメラル)
  • 作成したIPアドレスを、CloudFare側の設定に追加(既存は削除)

費用的にはGCEの無料枠から外れる、外部IPが新規にかかる。代わりにGLBの費用が削減ということでトータルで1000Yen/Month程度は下がる予定です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016