iCloudフォトライブラリは便利なのかどうなのか

iCloud.png

先日我が家のMacbook AirではAirDropが使えずがっかりしていたいのですが「iCloudフォトライブラリ」という機能を発見しました。

これは、iOS8とiCloud間で写真のデータをやりとりする事ができる機能のようです。
iOS側の画像データを小さくするためにiCloud側をメイン(オリジナル)にしても良いようです。私は現時点ではこのサービスがベータ版であることや結局のところiPhotoで管理していることもありiOS側をオリジナルにしています。

ICloud

操作方法について

  1. iPhone側で、「設定」→「写真とカメラ」→「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。
  2. オリジナルをダウンロードにチェックを入れます。
  3. iCloud.com にブラウザでアクセスると「写真(ベータ)」があります。

もうこれがあると非常に便利ですね。全ての画像がアップロードされた段階でiPhone側を消すとどうなるのか次にやってみたいと思います。

いまは、iPhone -> iPhoto for Macbook Air -任意のアルバム-> iPhone という流れで管理しています。全ての画像はMacbook上にありiPhoneには「カメラロール」+「任意のアルバム」という構成で使っています。

  • 「カメラロール」とiCloud.comが同期されるとなると吸い上げた後とかは時間掛かりそうです
    (削除なので早いのかもしれませんが)、
  • この場合オリジナルをiCLoud.comにしている場合には、iPhoneに最適化した画像しかiPhoto for Mac にはロード出来ない事になりますよね?(それとも今後はiPhotoからiCloud.comの画像が見えるのだろうか)
  • iCloud.comのUI上一括ダウンロードが出来ないため実質アップロードしたら最後元にもどうせないような気がします(どこかに設定あれば分かりませんが)

少し気になるところがあるのですが今後が楽しみですね。


コメントを残す

Created by roguer.info 2016