「MonoMax」「Goods Press」2013年1月号のおまけの万年筆2本を使ってみた。

万年筆も以前買おうと思ってちょっと安いのを買って少し触って結局ボールペンに戻ってしまったのですがおまけで買えるならと買ってみました。

というわけで今は二つの雑誌でおまけが付いています。

実際に、万年筆を買おうと思ったら安くても1000円はするので雑誌も読めるのでお買い得かなと思った次第です。何がどう違うのか分からないので素人レポートですがせっかくなので書いておきます。興味を持った人がいれば是非買ってみてください。

最初は「MonoMax 2013年1月号」¥790 です。こちらは Coach とコラボでロゴ入りの万年筆です。モノグラムは今年のデザインの物。意外に重量もあっていい感じの持ち味です。

こんな感じの入れ物に入っています。MonoMaxの方が包装は丁寧な感じです。とはいえただの箱なので使い回しが出来る様な物ではありません。

IMG_5323
IMG_5323 Photo by tokiyan

さて、万年筆はこんな感じです。キャップのところに「COACH」のロゴが入っています。色はブラウンな感じ、写真だとちょっと黒っぽく成っています。重さはそこそこあって長さ的にもいい感じので手の治まりが良いです。ペン先は「太い」感じです(比較が無いので分かりませんが)インクの出が結構よくてすぐに触るとまだ乾いてないインクが手に付く感じです。付属のインクは2本は一定てカートリッジインク(ヨーロピアンタイプ)です。色は紺(青)色の物です。もっと深い青の方が好きな感じです。太めなので細かい場所に書くよりは大きく書けるところが向いていそうです。

IMG_5326
IMG_5326 Photo by tokiyan

次の雑誌は「Goods Press 2013年1月号」¥730です。こちらは昨年も万年筆のおまけがついていたようです。今年のタイプは若干小さめのサイズ。で色はカラフルなライムグリーンでかわいくオシャレな感じの万年筆になっています。

包装は、おまけ!って感じの段ボールです。まあ何れにしても使い回す物ではないです。中身は万年筆とカートリッジ2個で、MonoMaxと同じ物が付きます。なかに説明書が入っておりこちらの方がその意味では丁寧です。付け方や装着方法、メンテナンスの仕方等が一枚物で付いていました。

IMG_5333
IMG_5333 Photo by tokiyan

こんな感じの万年筆です。実際にはもう少し明るいライムグリーンです。光沢感があってちゃ地っぽい感じはしない作りに成っています。ペン先の太さは細字くらいです。こちらも同様にステンレス製のペン先です、若干細字の分こちらのほうが固い感じ。また付属のインクが薄い?感じでなか薄いです(^^; もう少し濃い色の方が良かったので使うなら交換したいと思います。サイズ的はこちらは明記されてたので 全長120mm 系12mm(キャップリング部) 23g です。ペン先は見た感じどちらも同じメーカーの物なのかなという感じに見えますね。

IMG_5334
IMG_5334 Photo by tokiyan

並べてみるとこんな感じです。背景はMacbook air なので参考になれば。COACHのほうが並べて持つと重さも重いですしずっしりしていますがしっかりしている感じとも言えます。実際、毎日使う道具としては「安い」万年筆なのでペン先が開いてしまったり色々壊れてしまいそうなのですが使えるうちは使っていってみようと思います。 結構、紙の資料に目を通したりもするのが仕事であるのであっという間になくなってしまうのかもしれませんね。

IMG_5335
IMG_5335 Photo by tokiyan

書き比べたらこんな感じです。GoodsPressの方はまだほとんど書いていないのでペン先が固くてインクもあまり出ていませんが太さが違うのは見て分かる通りです。インクの色は違うのか出ていないのか定かではないのですがGoodsPressの方が薄いです。

IMG_5337
IMG_5337 Photo by tokiyan

万年筆なんて使うのもたまには良いかもしれませんね。これで本格的に欲しくなったらなにか良い物を探したいです。 とは言っても私はよくものを無くすので万年筆とか高価な文房具はストップがかかるのが常なのすが(^^;

物のよし悪しで言えば、1000円以下の万年筆なんて使い勝手も描き心地も悪い物なのかもしれませんがちょっと興味があったり使ってみたいなと思っている人には手が出しやすいので興味がある人は帰りにコンビニに寄って雑誌買ってみるのも良いと思います。

ちなみに、万年筆のインクは黒だけじゃなくてこのブルーブラックやほかにも赤とかもあるので赤ペンで使いたいって人にも良いんです。

というわけでインクはこちらの物を買う予定、エロい赤が書ける。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016