[vim]人気のカラーテーマSolarizedを使う

gvimのカラースキーマを変更してみました。

気が滅入ってくるとエディタをいじって遊んでしまうこの頃。仕事しよう。

新卒さんのための人気Vimカラースキーマランキング5+1(vim.org & github調べ) – 常識という迷信

テーマを探していたらこんなページを見つけました。「新卒さん」は最近Vimとか触るのだろうかと思いながらも見てみるとGithubで人気のSolarizedというカラーテーマがあるのですね。

 

いい感じですね。もっと「くっきり」としているのも好みですがこのくらいもいい感じなのかなと思いました。何よりこのテーマ色々な環境用のカラーテーマが用意されているのも良いですね。

  • vim
  • Emacs
  • IntelliJ IDEA
  • NetBean
  • SeeStyle theme for Coda & SubEthaEdit
  • TextMate
  • TextWangler & BBEdit
  • Visual Studio
  • Xcode
  • Xresources
  • iTerm2
  • OS X Terminal.app
  • Putty

エディタじゃなくてターミナルのカラーもありますね。詳しくは https://github.com/altercation/solarized を確認して下さい。

 

さて、今回はVimで使いたいのです。それほど人気ならVundleでも使えるのかと思ったら使えました。

: BundleSearch solarized

image

お!見つかりましたね。素晴らしいです

: BundleInstall solarized

image

これでダウンロードできますのであとは _vimrc などに「Bundle ‘Solarized’」を記載しておきましょう。

使い方やカスタマイズはコチラを参考にしてください。Vundleを使っていない場合には普通にColorスキーマをダウンロードして使えば問題無いです。

 

先日のPowerLineの後に、GDI+で結局アンチエリアスかけて使用しています。どうも日本語フォントが微妙に合わない(上が途切れる)のでこれでまかないました。

image


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016