[wp] WordPressの高速化のために幾つか実施

以前からちょっと重かったのですが腰も重くて何もいじっていなかったのですが幾つか修正。

WordPressのプラグイン

DB Cache Reloaded (http://www.poradnik-webmastera.com/projekty/db_cache_reloaded/)

  • WordPressからDBのアクセスをキャッシュしてくれるプラグインです。しばらく前に使用できなくなっていたのですが有効化してみたら動きました。
  • 個人的にはかなり効果の高いプラグインで使用できるのであればお勧めです。特にDBがあまり高速な環境にない場合には有効かと思います。SakuraレンタルサーバなどもMySQLサーバは共有サーバなので有効でした。

WP Hyper Response(http://stocker.jp/diary/wp-hyper-response/

  • 最近しったプラグインです。
  • flush()関数を利用して早く見せる事ができるプラグインです。実際に導入後体感的に早くなっている気がします。他のプラグインと併用して使用可能ですので一度利用してみるといいかと思います。

 

PHPの高速化(APC)

  • このサーバはFastcgi経由でPHPをCGIモードで動作させています。OSはUbuntu 10.04.3 LTSとなります。パッケージの導入は 「# apt-get install php-apc 」で簡単に入れることが出来ました。特に設定は要りませんが 「/etc/init.d/php-factcgi restart」 で /usr/bin/php5-cgi を再起動させています。無事に読み込まれているかは phpinfo(); で確認するとわかります(読まれていればAPCの定義があります)

 

その他の実施した項目としてWordpressのプラグインのうち「WP Social Bookmarking Light」を停止しました。便利かと思ってつけているのですがあまり利用された形跡もないので思い切って外しています。代わりに?Zenbackの側でソーシャル系のボタンを表示させています(G+もね)。蛇足的にはGoogle Adsenseの広告を一つ減らしました。最近あまりクリックされていないので(^^;


4 thoughts on “[wp] WordPressの高速化のために幾つか実施”

  1. 初めまして!

    DB Cache Reloaded、初めて知りました。

    名前がかなり似ているDB Cache Reloaded Fixなんていうのもあるみたいです。
    これから試してみます。

  2. ソースを見ると一番最後に、

    Generated in 0.646 seconds. Made 46 queries to database and 2 cached queries. Memory used – 11.97MB  

    といった感じでどの程度の効果があったのか記載されていますので参考になります。
    Fixなんてあるのですね。ちょっと見てみたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016