ついに最終 [書評] ヒプノスの回廊―グイン・サーガ外伝〈22〉

書評とか言うわけでもなく、感想文というか、そういう程度の文章。

グイン・サーガといえばもういつから読んでいたのかわからないくらいまえから読んでいたがついに作者の栗本薫氏が無くなってついにほんとに最後の巻となった。下書きとかでもいいから何でも続きが気になったのだがこれで本当に最後と思うと感慨深い。

読み始めたのは高校のあたりですでに結構発刊されていたと思う。過去のは一気に古本屋で購入してそれ以降延々と読んできた。だいぶ本を処分したけどグイン・サーガは持っている。マニアではないので細かく出ている豪華本とかは購入していないのでPANDRA本に含まれているという「ヒプノスの回廊」がこのような形で読めて嬉しい。

ネタバレ的に言えばこれは、正伝の謎をといてくれる一冊。
残念ながら外伝1のように未来の姿を見せてくれるわけではないが今までの謎の一部が此処に書かれている。グイン・サーガファンであればある程度予測できる範囲の話ではあるけど本として読むと嬉しい。

今後誰かが続きを書くことを認めているようですので色々派生したパラレルワールドのグイン・サーガが生まれてくるのではないのかと期待している。栗本氏がもう少し完結までのプロット等が残されていればよかったのでしょうがそれはどうなのでしょうね?

  • サイロンの豹頭将軍』(第30巻)
  • 『カリンクトゥムの扉』
  • 大導師アグリッパ』(第75巻)
  • 豹頭王の誕生』(第70巻)
  • ゴーラの僭王』 (第64巻)
  • 『ランドックを求めて』
  • 『ラゴンの反乱』
  • 『ノスフェラスの彼方』
  • 『豹頭王の花嫁』

(Wikipediaより抜粋)

過去に予告されて太字タイトルが発刊されたタイトル。もう我々には最後の「豹頭王の花嫁」がいかなる形であれハッピーエンドであることを想像するだけです。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016