iPhoneのカメラ

今日は家族でお出かけをしました。
子供がいると人にとってもらう機会が多いですよね?
最近はカメラと一緒に出かけていたのですが今日はiPhoneだけがお供でした。けっこう普及しているので安心していましたがまだまだカメラとしてiPhoneを渡すと戸惑われてしました。

まず渡す前に、ロック画面にならないように変更する(これをしておかないと渡された人がパニックになる可能性あり)

次に、画面のココを押してくれと簡単にレクチャーする。実際に押して見る。

として行く必要があり、けっこう面倒です。逆にiPhoneユーザーの場合には親近感も沸くのかもしれませんが遭遇しませんでした。

先日、Camera+がボリュームボタンをシャッターにしてリジェクトされていますが押してもらう時にはこの手の’”ハードウェアキー”がシャッターボタンの方が嬉しいですね。押す方もきっと押しやすいとおもいます。一番は、持ちづらいのでけっこうぶれる。という事かもしれません。

iPhoneは携帯?なのでカメラじゃ無いのは分かっていますがこの辺り、次の世代などで考慮されると嬉しいですね。

写真といえば、家で家族写真とることもあるのでそろそろ三脚ホルダーが欲しくなって来ましたw


10 thoughts on “iPhoneのカメラ”

  1. ピンバック: Tokida - Roguer
  2. ピンバック: TOMIKUN

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016