あのころにiPhoneがあったら

dungeon and dragons
dungeon and dragons
dungeon and dragons
dungeon and dragons

Rogue と言う事で思いに浸ってしまいました。Roll Playing Game としてドラゴンクエストと共に小学生の頃にはまった物、それは「Dungeons and Doragons」。当時英語のマニュアルと格闘して頑張った記憶があります。子供ながらにその創造性は尽きることなく楽しませてくれました。もしあの時にインターネットやiPhoneがあったらいったいどんな感じだったのでしょう? 頑張って紙に書いたものが簡単に出来たり、いつもみんなで集まったのが自宅でやったりするのだろうか? なんかそれはつまらなそう。でもきっとあの時代にインターネットがあったらメッチャ楽しいんだろうな、という気もする。

今時のTable Talk Game はどんな風にするのが一般的なのでしょうね?インターネット越しにchatしながらなんて使い方なんでしょうか? iPhoneを使って手元に仮想ダイズとキャラクターシートそして先頭シーンでは碁盤なんかが表示されたり、会話はiPhone越しに話しながら?そんな使い方なのかな?


コメントを残す

Created by roguer.info 2016