Macbook Pro の水没修理

これまでPCを使い続けてきて初めて水没させてしましました。それも海外でMacbookを(T_T)

水没の経緯

  • バックパックのPC格納部分にMacbookを裸で入れる
  • その上からペットボトルを入れる(海外の500mlのペットボトルだったのですが上のキャップの部分が非常に小さいタイプだったのでそれが外れてしまったようです)
  • 気がつくまで10分位
  • 見事に浸水。経路的にはtype-cのコネクタからしっかりと内部に入った模様

初動

  • Macbook Proはディスプレイを開くとPower ONになるのでその段階で一回は通電
  • 画面にAppleマークが表示されてから起動せず
  • とりあえず本体を振って水を外に出す(結構水が出てきた・・)

なお、この状況は海外から帰国する時に発生したためもうどうしようもなくこのままとりあええずタオルでくるみ持って帰ることに。

故障修理までの流れ

結論から言えばMac修理さんで修理をしました。

  1. Apple での集配しての修理(ロジックボード交換)で 12万円(+税)
  2. Apple 公式のリセラー経由の修理(修理内容は同等+明細を忘れましたがなにか)で18万(+税)
  3. 非公式の修理(洗浄処理 4.5万 or ロジックボード交換 10万前後)

一連の流れ的にいえば今夏は Apple のサポートセンターに振り回されてなんか修理する気にならんかったというのが本音。とはいえ確実にこなすなら Apple での修理が一番だと思います。

  1. サポートセンターに水没を連絡したところ上記の2を紹介されました。「その段階で言って中を見てもらえるのでそこで部品があればその場で修理できます」的なことを言われたので予約して4日待ち。
  2. 持っていくと「水没」にかんしては中を見ることなく修理になる旨を伝えられしかも、Appleのほうが安いですと言われる
  3. 再度サポートに電話して状況法伝えるとやはり「2」と同様の回答、一体「1」は何だったのか。
  4. それでもと思い Mac修理.jp さんで修理を依頼

Mac修理.jpさん (http://mac-repair.jp/ )

  • http://mac-repair.jp/
  • 修理品を送付(これは有料)、その後見積りを知て頂きOKならそのまま修理
  • ものが到着してから4日後で戻ってきました。
  • 代金は銀行振込か代金引換での取引
  • 途中メールでやり取りをさせていただきましたが回答も早く安心できました。

今後数年間使っていく上ではAppleで修理したほうが安心だなという気は少ししていたのですがこの機種はキーボードが交換対象の機種なんですよね。
またMacbook proのtouchbarモデルは全て一体型なのでどこが壊れてもロジックボード交換になるので「Apple Care必須」の機種ですね。ここ半年で2回も修理しており辛いです。

さて、実は今回の件は海外で発生したので海外での物品保証対象になっています。私はセゾンアメックス(ゴールド)を持っていたのですがそのおかげて今回の修理費は全て補填されました。助かりました。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016