Vim + ALE + textlint で校正

先日 Ale + Redpen を試してみましたがこれまで textlint を使っていたので ale に textlint サポートを追加してみました。
textlint が導入されており、カレントディレクトリに .textlintrc がある場合には textlint が動きます。

やっつけで追加しておいたけど一応動いたので PullRequest をしておいた。
追加すると動くコードはこちらを参考にしてください。

カレントに .textlintrc がない時は動かさないという判断をするのがどこでしてよいか分からずShellで書いちゃっていますが。

追記

  • 2018/03/24 リクエストしていた追加したものがマージされていますのでそのままで ALE を入れればそのまま使えます。
  • エラー内容がQuickfixで表示されますが本体をクローズしたらQuickfixがそのまま残っていることがありますので以下のコードを init.vim に追記しておくと一緒に閉じてくれます。
"Quickfixが残っている場合に閉じる
augroup QfAutoCommands
  autocmd!
        " Auto-close quickfix window
        autocmd WinEnter * if (winnr('$') == 1) && (getbufvar(winbufnr(0), '&buftype')) == 'quickfix' | quit | endif
augroup END

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016