ScanSnapで名刺をCardMinderに取り込んだ後にEvernoteにもデータを送る

a5709278bfe8a275fc1a10dbe317bafe.png

先日からの続きでScanSnapで名刺をもう一度読み込み直しています。
もともとEvernoteに画像として保管していたのですが(連携の機能でそのまま掘込んでいました)どこまで読み込んだのか分からなくなってちょっとぐちゃぐちゃになってしまったのでもう一度読み直そうと思いました。
ちょっとメモが入っている物もあるので過去のデータを消す気はないのですが(ある程度どこかでまた時間をとって整理はしたいですが)重複してもいいやという感じで今回は試しました。

ScanSnapには標準で名刺管理のアプリケーションが入っています。MacBook Airなのでメディアが無いのでサイトからダウンロードする事で落とす事ができます。 CardMinder という名刺管理ソフトで自動で結構読み込んでくれます。
もっともダメな文字はどうしても読み込めず、でその辺りは仕方ないのですが・・・ アプリとしては電話帳に連携が出来たり色々機能があるのですが今回は会社名と名前だけをメインにメンテナンスして正常にしました。

ScanSnap ソフトウェア(CardMinder) : 富士通

で、実際に何をするかというとこの取り込みされたデータは全てpdfで保管されていますのでこれをEvernoteに食わせてしまおうという作戦です。でその際にファイル名を「会社名_氏名.pdf」として置く事でEvernote上の見た目が良くなるのとあとは取り込んだファイルを管理するのに CardMinder を利用する事が出来るのがいいかなと思った次第です。 実際に連絡が普段から必要な人はそののままデータをアドレス帳にインポートも出来るので一石二鳥になっている気がします。

ScanSnap付属のCardMinderに読み込んだ名刺をEvernoteに流し込む « Programmer’s High

こちらのサイトに、どうやって CardMinder のデータを取り出すかが記載されています。このデータベースは sqlite3で情報を管理してバイナリデータとしてはそのままpdfを持っています。なのでこのsqlite3のデータとpdfをつきあわせて最終的な名前をとればいい感じになります。 先のリンクでも書かれていますが2回目以降どのように重複を排除するかは検討する余地があるのですが一回目としてはこれで十分ですね。大体 650枚ほど取り込みをしましたが 120MByte程度の容量となります。


#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import os
import datetime
import shutil
import sqlite3

source_directory = os.environ["HOME"] + "/Documents/CardMinder DB.cmdb/Images/"
destination_directory = os.environ["HOME"] + "/Desktop/CardMinderToEvernote/"
connection = sqlite3.connect(os.environ["HOME"] + "/Documents/CardMinder DB.cmdb/CardMinder.sqldb")

cursor = connection.execute("select ZCOMPANY,ZFULL_NAME, ZFACE_IMAGE_FILE, ZREGISTER_DATE from ZCARD")
for row in cursor:
if row[0]:
filename = '%s_%s' % (row[0],row[1])
# print filename.replace(" ",""),row[2],row[3]
else:
filename = '%s' % (row[1])
# print filename.replace(" ",""),row[2], row[3]

shutil.copyfile(source_directory + row[2], destination_directory + filename.replace(" ","") + ".pdf")

connection.close

ちょっと内容は修正を加えていますが参照元のと帆どんど相違はありません。会社名を取得するようにしている程度です。実行するのにはpythonが必要になります。(標準で入っていましたっけ?)。デスクトップ上のフォルダ CardMinderToEvernote 上のPDFが大量に出来上がるのでそれをEvernoteのアプリケーションにドロップすれば取り込まれます。この辺りもAutomaterとか使うともっと自動化できて良いかもしれないですね。

スクリーンショット 2012 11 17 22 54 3

これでがっつりと過去数年分の名刺が取り込まれたので安心して人に会う事が出来ます(^^; Evernoteのプレミアム会員なのでこのノートブックだけは「オフライン」同期をとっておく事にしています。
Evernoteで名刺を管理するのは、どこでも見れる点とメモが追記できるてんですので活用していきたいですね。

また今回 CardMinder を使ったのでアドレス帳に欲しいデータはピックアップして同期する事が出来る用になったのが一番嬉しいかもしれない気がしてきました。

皆さん、名刺はどうやって管理されていますか?
全然関係ないけど結構色あせていて名刺も古くなっているので早めにスキャンしているのは良い事かもしれませんね。


コメントを残す

Created by roguer.info 2016