MacOSを始めるときに最初に入れたいショートカットの一覧を表示する「Cheatsheet for Mac」

いやきっと読者層が完全にかぶっているかと思いますので既に昨日入れた人も多いかと思うので書く必要すらないのかもしれないけどそれはそれ、それでも便利なので紹介したい @tokida です。

すべてのショートカットを一覧表示する『Cheatsheet for Mac』 – #RyoAnnaBlog
これでMacのショートカットは完璧!全てのアプリのショートカットをCommand長押しで表示する『CheatSheet』 * 男子ハック

いやほんとに物忘れの激しい私には必須のアプリと言えましょう。

名称未設定

凄いですね。このMarsEditでもショートカットが出てきます。
これでいつでも素早く操作が出来るようになりますね。是非Windowsにも欲しい機能です。というかOSで標準で持っていてほしいと思う機能ですね。

名称未設定 2

全然覚えていないiTermだって出てきます。色々あるんですね、さっぱり調べても無かったので勉強になります。

まさに、MACOSを入れたら最初に入れるアプリと呼べるに等しいと思います。


ちなみに、時間差でスクリーンショットをとる場合には、標準で入っている「グラブ.app」で画面をとる事が出来ます。「グラブ.app」でメニューから「取り込み」→「タイマー」というので10秒後に画面をキャプチャできます。形式はtiffのみですがその後適当にSkitchなのでサイズ等修正すれば問題ないかと思います。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016