『PregnancyCalc』の次のバージョンの構想をネル

ピクチャ 1

日々使っていて何かあるかな?と考えている訳ですが

(1) 出産予定日までの「残り日数」か「週数」の表示

本当は、アイコンの表示を変えたい。どうすればいいのかやり方が分からないのですが出産予定日をカレンダーの様に出せればいいのかなぁと。で、それ以外で分かりやすいように出産予定日の予定日数をバッジで表示。自動で更新出来たらいいんだろうけど。

ピクチャ 1

(2) 出産予定日からの逆算

現在は、最終月経日から計算しているのですが実際に診察等に寄って出産予定日がずれている場合もあるかと思います。その際に手動で「出産予定日」を設定出来る機能。

(3) 緊急連絡先の機能追加

病院の登録を複数実施出来る(アドレス帳等から)。最近ではセカンドオピニオン等もあり1カ所では少ないとの声も聞かせていただきました。また、連絡先への直接のダイヤル機能の追加。現在の地点から地図を検索して最寄りの病院等を検索出来る機能。
この部分は今後もまだまだ改善の余地はあると思いますが、「週数計算」が主な機能なので優先度は低いです。

(4) Twitter機能

Twitter機能というか、「産まれました!」などのような声をだせ、「おめでと!」のような祝辞がおくれるようなそんな機能があると楽しいのかなと思いました。どう実装するのか出来るのかまだまだ形になっていないです。

(5) 今週/今月の胎児の様子

海外のアプリにほぼついているこの機能。なかなか実装に至りません。現在の胎児や母体の状況を説明してくれるものです。身長が何センチくらいでその頃には母体はこの程度の大きさ、などの情報が見れる物です。よく雑誌等を購入すると付いてくる物です。この機能も(3)同様優先順位的には低いのですが付けたいと思っている機能の一つではあります。

いろいろと悩む

かなりソースがスパゲティになってきつつあり、一度全て書き直そうと思っています。ちょっとその辺りで時間がかかってしまうかもしれません。

このアプリはきっと利用者のiPhone/Touchのなかで最大10ヶ月間インストールされて後はアンインストールされると思います。無事にアンインストールされるまで利用していただける様にして行きたい物です。AppStoreの評価としてはアンインストール時の評価がありますがそういう意味では高得点が狙えるのかも(^^


3 thoughts on “『PregnancyCalc』の次のバージョンの構想をネル”

  1. moto_makaさん、情報ありがとうございます。
    チェック済みですよ!
    Twitterをなんとか上手に利用したいんですよね。色々なインフラとして使えそうな気がして仕方ありません。

コメントを残す

Created by roguer.info 2016