Homebridge経由でbmd280センサーを利用して温度・湿度を取得する

Read More

便利な世の中でなんでもモジュールがありますね。
利用しているのは Raspberry pi zero に BME280 を接続して温度を取得してみました。HomeKit(HomeBridge)経由で接続することで iPhoneの「HOME」アプリから簡単に見れるのがいいですね。

$ npm install -g homebridge-bme280

    "accessories": [
        {
            "accessory": "BME280",
            "name": "Sensor",
            "name_temperature": "Temperature",
            "name_humidity": "Humidity",
            "options": {
              "i2cBusNo": 1,
              "i2cAddress": "0x76"
            }
        }
    ]

実際に使ってみると表示の部分は TemperatureFileHumidityFile プラグインと同じ感じですね。このプラグインを使うと特にCronで定期的に取得しなくても良いのは楽です。

homebridgeにhomebridge-camera-rpiを追加したけどうまくいかない

Read More

Rapsberry pi の homebridgeにhomebridge-camera-rpiを追加してみました。

使い方は上記のREADMEの通りで特にしていけば大丈夫でした。

既存のセンサー類と共存が出来ない(Cameraを有効にすると排他)

  • はじめてHomeBridgeを触ったのでこれが仕様なのかわかりませんでしたがカメラを追加するとそもそも定義していたセンサー類が一切見えないです。
  • 正確には「カメラ」として追加すると「カメラ」だけが追加されます。
  • 「バーコード」から追加するとカメラ以外のものだけが追加されます。
  • なので排他で動いている模様です。したがって同時には利用できないのではないかなと推測してます。
  • そのためなのかスタンドアローンモードが用意されています。

  • 使った感じは便利そうでした。クリックすると「Live」で動画も見ることができました。

その他

交換後のiPhoneのバッテリー情報の確認

Read More

信用してないわけじゃないけど、やっぱり確認したいよね?
Cocounter batteryというソフトを使うとiOSの情報も取得できます(交換前に取得したかった)

本当に新品のようで充電回数が1回になっていました。(よかった)

Mac用のソフトになります。Mac側の数値も取得できる様になります(むしろこちらが本来の目的)

ちなみに会社貸与のiPhone5Sをみると次のような感じです。

iPhone6Sのバッテリー更新プログラムに申し込んだ

Read More

そもそもは、iPhone6Sが出た当初バッテリーの問題が幾つかありました。

上記のサイトからシリアル番号をチェックして適応してれば特に何も聞かれることもなく交換対象になります。私はジーニアスバー銀座に申込をしましたがすごい人でした。予約は事前に取られたほうが良いです。

申込みは iPhoneのアプリからしてしまう方が楽ですね。iPhoneアプリで入れておけば持っていった際にもその画面を見せればいいので楽です。

事前にしておくのは以下の3つです。

  1. 事前にバックアップを取得しておきましょう(個人的にはiTunesでとっておくほうが好きです)
  2. iPhoneを探すをOffに変更
  3. パスコードをOffに変更

ジーニアスバーに行くと、壊れてもいいと署名せよと言われるのでドキドキしながら署名します。
ガラス面を取るのでフィルムは取られてしまいますよと言われます。高いの使っている人は気になると思いますが私は100均なので大丈夫。

で見せたた所2時間待ちでした。知り合いは30分で終わったとのことで時間帯にもよるかと思います。

受け取りに行ってみるとディスプレイの配線が傷がついたとのことでディスプレイも新品になりました。正直バッテリーが変わっても変化がよくわかりませんがまた2年持ってくれると信じています。また先日には 「電池劣化したiPhoneの速度低下は意図的」とアップル。不意のシャットダウン回避のため と言った報道もありました。帰りの電車で使っていましたがプラシーボ効果もあり早くなった気がします(文字の入力の際のひっかかりが減った気がする)