Amazon Workspaces Client をUbuntuで動かす

Read More

サービスが登場したときから Amazon Workspacesを利用しているのですが、最近家のPCでLinuxを利用したいと思ってみたら以外にもサポートされていませんでした。

LinuxにはWindowsのライブラリをエミュレーションするWineというソフトウェアがあります。Wineはかなり以前からあるWindows互換ライブラリですが最近は色々動きます。

  • Ubuntu 18.04.1 LTS
  • Wine 3.0-1ubuntu1

この新しいバージョンはDirectXなどにも対応しているとのことです。何が動くのかを調べるサイトがあり、大抵の人気のあるアプリケーションはDBに登録されています。今回の Workspaces も調べてみると登録されていました。

実際に導入してそのまま起動するとクラッシュするのですが上記のサイトに記載されている作業を行っておくことで無事に動作しました。

  • rm ~/.wine/drive_c/Program Files (x86)/Amazon Web Services, Inc/Amazon WorkSpaces/vchan_plugins/pcoip_vchan_remoteprintclient.dll

Wineもかなり便利になってきていますね。

[AWS][Ubuntu] microインスタンスのCPU制限を行う方法

Read More

AWSのt1.microのCPUがStealする話。

色々散々出てきているので既知の話だと思いますが cgroup するのがRedhat経の話ばかりでUbuntuのやり方が出ていなかったのでその二番煎じの記事です。

なので環境はUbuntuで実施しています。

1) install cgroup-bin

sudo apt-get install cgroup-bin

2) Reboot.

リブートすると /sys/fs/cgroup ができていると思います。再起動しなくてもできている?

3) Edit /etc/cgconfig.conf

このファイルは存在しないので1から作ります。制限をかけるのがユーザが別なのかRootユーザなのかで変わってくると思いますが。

group limit {
    cpu {
        cpu.cfs_quota_us = 250000;
        cpu.cfs_period_us = 1000000;
    }
    cpuacct { 
    }
}

その後

cgconfigparser -l /etc/cgconfig.conf

を実行。これを実行しておかないと [cgroup change of group failed]というエラーが表示されました。

4) Run Process.

cgexec -g cpu:limit perl ./test1.pl &

上記は適宜読み替えて下さい。

1 root dev003 home test ssh

画像ではあえて2つのユーザでPerを実行していますが25%,25%づつになっているのがわかります。(このサーバはt1.microではないのでstealは発生していません)

起動時には cgconfig.conf を読み込んでくれません。cgconfigpaserを実行した後に cpu/limit のディレクトリが作成されます。ubuntuのパッケージは自動起動用のツールが用意されていませんので気をつけます。

5) 実際に使ってみる

muninのサーバを動かした場合には、ユーザが munin となるため /etc/cgconfig は以下のように記述します。 /sys/fs/cgroup/cpu/limit の権限に実行するユーザの権限が必要になります。

group limit {
 perm {
    admin {
        uid = munin;
    }
    task {
        uid = munin;
    }
 }
 cpu {
   cpu.cfs_quota_us = 250000;
   cpu.cfs_period_us = 1000000;
 }
 cpuacct {
 }
}

なので上記のように定義しておきます。この状態で cgconfigparserを実行すると

[email protected]:/var/log/munin$ ls -l /sys/fs/cgroup/cpu/
drwxr-xr-x 2 munin root 0 Mar 17 14:47 limit

上記のように limit ディレクトリの所有者が munin に変更されます。こうなっているとmuninユーザでもcgexecが実行できるようになります。
その後はCronから起動される munin-cron の中で実行しているコマンドに cgexec を付与することで有効になります。

1 root ip 172 16 1 133 etc cron d ssh

起動設定については /etc/init.d/munin のStartの部分にcgconfigparserを追加

case "$1" in
  start|restart|force-reload)
    # Create various dirs
    /usr/sbin/cgconfigparser -l /etc/cgconfig.conf
    mkdir -p /var/run/munin && chown munin /var/run/munin
    exit $?
    ;;
  stop)

ちなみにSteal中はこんな感じに燃え上がる。

NewImage

変更実施後は

NewImage

このように赤い(Steal)がなくなっているのがわかる、これにともなって以下のようにLoadやDevice Latencyも同様に改善されているのが分かります。

NewImage

NewImage

[AWS] AWS Linux のcliで 「unknown locale: UTF-8」のエラーが出る場合

AWS上のAWS Linuxのマシンテンプレートだと環境変数が LC_CTYPEがUTF-8になっています。この状態だと aws cli などのツールでエラーが表示されます。

$ aws
Traceback (most recent call last):
File "/usr/bin/aws", line 15, in <module>
import awscli.clidriver
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/awscli/clidriver.py", line 31, in <module>
from awscli.help import ProviderHelpCommand
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/awscli/help.py", line 20, in <module>
from docutils.core import publish_string
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/docutils/core.py", line 20, in <module>
from docutils import frontend, io, utils, readers, writers
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/docutils/frontend.py", line 41, in <module>
import docutils.utils
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/docutils/utils/__init__.py", line 20, in <module>
import docutils.io
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/docutils/io.py", line 18, in <module>
from docutils.utils.error_reporting import locale_encoding, ErrorString, ErrorOutput
File "/usr/lib/python2.6/site-packages/docutils/utils/error_reporting.py", line 46, in <module>
locale_encoding = locale.getlocale()[1] or locale.getdefaultlocale()[1]
File "/usr/lib64/python2.6/locale.py", line 478, in getdefaultlocale
return _parse_localename(localename)
File "/usr/lib64/python2.6/locale.py", line 410, in _parse_localename
raise ValueError, 'unknown locale: %s' % localename
ValueError: unknown locale: UTF-8

期待されるのは ja_JP.UTF-8 のような形式なので

$ export LC_ALL='ja_JP.UTF-8'

で定義するとエラーが出なくなります。