Macbook2,1 の温度が上がりすぎなので掃除した

明らかに異常なくらいにファンが回る。すぐ回る。起動した直後から回っている気がする。
ということで実際の温度を確認してみました。コマンドは sensors で確認できます。

 applesmc-isa-0300
Adapter: ISA adapter
Exhaust : 6192 RPM (min = 1800 RPM, max = 6200 RPM)
TB0T: +25.0°C
TC0D: +73.5°C
TC0P: +66.0°C
TM0P: +54.5°C
TN0P: +60.0°C
TN1P: +61.5°C
TTF0: +55.8°C
Th0H: +67.8°C
Th0S: +66.0°C
Th1H: +64.2°C

BAT0-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +25.2°C

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0: +72.0°C (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1: +72.0°C (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)

ファンが全力で動いていますね。CPUも結構活発に動くと一気に70度オーバーです。この状態だとちょっと膝の上ではやけど刷るくらいの温度に感じます。ということで分解して清掃してみました。

大体40個くらいビスをとると清掃できます。で、ここまで来てCPUのグリスがないことに気が付きました。新しくグリスを塗り替えたかった。とりあえず綿棒できれいにしてみます。

❯❯❯ sensors
applesmc-isa-0300
Adapter: ISA adapter
Exhaust  :   1798 RPM  (min = 1800 RPM, max = 6200 RPM)
TB0T:         +25.0°C  
TC0D:         +59.0°C  
TC0P:         +54.0°C  
TM0P:         +45.2°C  
TN0P:         +48.5°C  
TN1P:         +49.2°C  
TTF0:         +56.0°C  
Th0H:         +53.0°C  
Th0S:         +52.0°C  
Th1H:         +51.0°C  

BAT0-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +25.2°C  

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +58.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:       +58.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)

で、再起動後の数値がこちら。
CPU動くとファンが回りますが止まらないほどではなくなりました。多少動いても回転が下がるようになりました。やはり掃除は大切ですね。今のMacbookはとてもバラす気になりませんが2006年式 Macbook はまだまだ普通のプラスドライバーで取り外せるしいい時代でしたね。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Created by roguer.info 2016